北海道室蘭沖の捕鯨、今年は断念

共同通信

 昨年31年ぶりに再開した商業捕鯨の沿岸操業の業者でつくる日本小型捕鯨協会(福岡市)が、商業捕鯨の新たな拠点に加えた北海道室蘭市沖での操業を今年は断念する見通しとなったことが10日、同協会への取材で分かった。

 同協会関係者によると、今月に実施した室蘭沖での調査でミンククジラの回遊を確認できず、年内の水揚げは見込めないと判断した。同協会と地元漁協は今年6月、かつて捕鯨基地だった室蘭を拠点化することで合意していた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ