熊大構内で研究員のリュック発見

共同通信

 熊本大の研究員楢原知里さん(35)が殺害された事件で、熊本県警熊本南署捜査本部は10日、楢原さんのリュックが勤務先がある熊本大本荘キャンパス内(熊本市)で見つかったと発表した。リュック内には財布やノートパソコンが残されていたという。

 遺体発見時、楢原さんが靴を履いた状態だったことも判明。楢原さん宅の玄関が施錠されていたことから、捜査本部は外出先で殺害された疑いもあるとみて足取りを調べている。

 捜査本部によると、財布には現金が残されていた一方、携帯電話はなかった。

 遺体は7日午前9時10分ごろ、熊本市中央区本荘3丁目の市道脇の側溝で見つかった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ