日英貿易、新協定巡り閣僚会談

共同通信

 茂木敏充外相は11日、閣議後の記者会見で、英国との新たな貿易協定を巡り、トラス国際貿易相と同日午後にテレビ会議形式で会談すると発表した。茂木氏は「交渉は大詰めを迎えている。大筋合意を目指したい」と話した。2019年2月に発効した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の内容をおおむね踏襲する。国会での承認を経て来年1月1日に発効したい考えだ。

 日英間の貿易は現在、日欧EPAの低関税などの規定が適用されるが、英国のEU離脱に伴うこの措置は今年末で終了する。年明け以降は関税が上がる恐れがあったが、新協定により、日本企業への悪影響は回避できる見込みだ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ