大和ハウスが在宅勤務手当

共同通信

 大和ハウス工業は11日、パートを含む全従業員約2万2千人を対象に在宅勤務手当の支給を始めることを明らかにした。自宅の光熱費や通信料に充ててもらうのが狙い。自宅で勤務した日数に応じて1日200円を支給する。

 8月分から開始し、最初の支給は9月の給与になる。大和ハウスは既に、新型コロナ感染拡大で通勤手当を定期代支給から実費精算に切り替えるなどしている。

 他の大手ではダイドードリンコが7月から在宅勤務手当として月3千円を支給する制度を始めた。キリンホールディングスも、在宅勤務を週3日以上する国内のグループ社員を対象に10月から月3千円の手当を支給する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ