黒沢清監督に銀獅子賞 日本人は17年ぶり3人目

共同通信

 【ベネチア共同】イタリアで開催されていた世界三大映画祭の一つ、第77回ベネチア国際映画祭の授賞式が12日夜(日本時間13日未明)に開かれ、「スパイの妻」の黒沢清監督(65)が監督賞(銀獅子賞)に選ばれた。日本人の同賞受賞は2003年の「座頭市」の北野武監督以来、17年ぶり3人目。もう1人は「西鶴一代女」(1952年)の溝口健二監督。

 銀獅子賞は、最高賞の金獅子賞に次ぐ栄誉。新型コロナウイルス流行を受け、イタリア行きを断念した黒沢監督はビデオメッセージで「大変驚き、言葉では言い尽くせない喜びを感じている。長い間、映画に携わってきてよかった」と語った。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ