治療室の子と遠隔面会を、大阪大

共同通信

 大阪大病院は14日、新生児集中治療室(NICU)にいる子どもの映像を、家族がタブレット端末などで見られるオンライン面会システムの構築資金を募るクラウドファンディングを始めた。コロナ対策で面会の機会が制限された中でも、子どもと会えない不安感を解消し、愛情を育みながら退院後の生活にスムーズにつなげてもらうのが目的。

 NICUは治療だけでなく、親がおむつ替えやお風呂に入れる方法を学ぶ場でもある。 4~6月は全面面会禁止に。今でも両親のみ日中の30分に限られており、働く父親の訪問が激減した。オンライン面会は求めがあれば24時間可能にする考え。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ