NHK朝ドラ、新たに夏木さんら

共同通信

 NHKは14日、来年前期放送の連続テレビ小説「おかえりモネ」に、夏木マリさんや西島秀俊さんらが出演すると新たに発表した。清原果耶さん演じる主人公の永浦百音が、宮城県登米市の森林組合で働く中で出会う人々という。

 夏木さんは百音が下宿する登米の資産家を、西島さんは百音が気象予報士を目指すきっかけを作る気象キャスターを演じる。その他、地元の医師を坂口健太郎さん、森林組合の課長を浜野謙太さん、組合の古参職員をでんでんさんが担当する。

 「おかえりモネ」は、宮城・気仙沼湾沖の島で生まれたヒロインが天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく物語。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ