菅氏「何回も辞めたいと思った」

共同通信

 菅義偉官房長官は14日の定例記者会見で、第2次安倍内閣発足から約7年8カ月にわたり務めてきた官房長官の職務について「辞めたいと思ったことは、何回もあった」と明かした。野党が強く反対した安全保障関連法の国会審議に言及し「国会運営がうまくいかなかった。眠れないこともあった」と語った。

 記者会見で心掛けてきたことを問われ「政府の立場や見解を正確に発信する貴重な機会だ。しっかり準備し、丁寧に誠実に臨んできた」と強調。失言しないための工夫に関しては「全てを発言せず、ある程度余裕を持って説明したのが良かった」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ