北朝鮮への報復に「核80発」も

共同通信

 【ワシントン共同】米著名記者ボブ・ウッドワード氏は15日出版の新著で、北朝鮮による軍事侵攻を想定した米韓両軍の「作戦計画5027」に、報復として核兵器80発の使用も含まれていると指摘した。同計画は2017年に北朝鮮との軍事的緊張が高まった際、トランプ米政権の選択肢の一つだったという。情報源や80発をどう使うのかには触れていない。

 ウッドワード氏の新著「レイジ(怒り)」によると、マティス国防長官(当時)はトランプ大統領が北朝鮮に対して先制攻撃を行うことはないと考えていたものの、北朝鮮との戦争を念頭にさまざまな計画が用意されていた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ