野党「疑惑にふた許さず」

共同通信

 共産党の志位和夫委員長は17日の記者会見で、菅義偉首相が首相主催の「桜を見る会」を中止するとした発言を受け、疑惑解明を改めて求めた。「前政権が会を私物化していたとの疑惑は解明されていない。中止によって、ふたをすることは許されない」と述べた。

 立憲民主党の枝野幸男代表も東京都内で記者団に「過去の問題、臭いものにふたをすることなく、しっかりと明らかにしてほしい」と注文した。

 社民党の吉田忠智幹事長も、首相が掲げる「国民のために働く内閣」に関し「当たり前のことをあえて言わなければならないのが問題だ。格差拡大を招いた規制緩和を検証する必要がある」と主張した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ