菅内閣支持率66% 「森友など再調査を」62%  全国世論調査

 共同通信社が16、17両日に実施した全国緊急電話世論調査で、菅内閣の支持率は66・4%に上り、支持しないと答えた人は16・2%となった。最近の歴代内閣の発足時と比較しても高支持率となった。衆院解散・総選挙の時期はいつがよいか尋ねたところ来年秋の「任期満了かそれに近い時期」が55・1%で最多。森友、加計学園や桜を見る会問題を「再調査するべきだ」との回答は62・2%、「再調査する必要はない」は31・7%だった。

 調査手法が異なるため単純比較はできないが、2000年以降では小泉純一郎内閣(86・3%)、鳩山由紀夫内閣(72・0%)に次ぐ数値。菅氏が継承した安倍内閣の12年の発足時62・0%も上回った。

 首相がアベノミクスなど安倍晋三前首相の路線継承を前面に出すことを「評価する」が58・7%。「評価しない」は32・4%。菅内閣が優先して取り組むべき課題を聞いたところ(二つまで回答可)「新型コロナウイルス対策」が64・1%で最多。景気・雇用(35・2%)、年金・医療・介護(23・8%)、財政再建(18・4%)と続いた。省庁改革は4・5%。

 安倍内閣から再任された閣僚が8人となった組閣人事に「期待できる」は49・2%、「期待できない」40・6%。野党が合流新党として設立した立憲民主党に「期待する」は36・9%、「期待しない」の55・8%を下回った。

 政党支持率は自民47・8%、立民7・0%、公明3・4%、共産党4・0%、維新4・7%、国民民主党1・2%、社民党0・7%、NHKから国民を守る党0・7%、れいわ新選組0・6%。「支持する政党はない」とした無党派層は28・0%だった。

【世論調査の詳報はこちら】

関連記事

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR