感染拡大、トランプ氏が警告無視

共同通信

 【ワシントン共同】米政権で新型コロナウイルス対策を担った元高官が17日、ビデオ声明を発表し、トランプ大統領が11月の大統領選への影響を恐れ、感染拡大の警告に耳を貸さなかったと非難した。トランプ氏が支持者らを念頭に、感染防止策の導入により「気持ち悪い人たちと握手しなくてよくなった」と喜んでいたとも指摘した。

 元高官はオリビア・トロイ氏。新型コロナ対策チームを率いるペンス副大統領の顧問として、政権中枢の会合に加わっていた。新型コロナの危険性の矮小化で批判を浴びるトランプ氏にとって打撃となりそうだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ