ルマン24時間スタート

共同通信

 フランス伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は19日午後2時半(日本時間同9時半)にルマンのサルテ・サーキット(1周13・626キロ)でスタートした。3連覇を目指すトヨタは小林可夢偉らの7号車がポールポジション(PP)から、中嶋一貴らの8号車は3番手から発進した。

 同レースは世界耐久選手権(WEC)シリーズに組み込まれ、今季の第7戦。6月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期され、無観客での実施となった。(共同)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ