五穀豊穣とコロナ終息祈願、奄美

共同通信

 鹿児島県龍郷町(奄美大島)の海岸で20日、来年の五穀豊穣を祈る伝統行事「平瀬マンカイ」が行われ、豊作や新型コロナ終息を祈願した。旧暦の8月、同町の秋名集落で行われる国の重要無形民俗文化財。今年はコロナの影響で、早朝に行われる「ショチョガマ」は中止となった。

 ショチョガマはわらぶき小屋の屋根の上で男衆が密集するため、取りやめが決まった。保存会発足の1960年以降、二つの行事が同時に行われなかったのは今回が初という。

 平瀬マンカイは夕方、二つの岩にそれぞれ白装束の女性5人、男女7人が立ち、太鼓の音に合わせて両手をかざして手招きしたり、祭詞を唱えたりした。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ