九州、今冬一番の寒さ 福岡、佐賀は22日も雪注意

 九州地方は21日、冬型の気圧配置が強まり、厳しい冷え込みに見舞われた。福岡県や佐賀県など九州北部では断続的に雪が降り、この冬一番の寒さとなった。寒気の影響は22日にかけ強まる見通しで、気象台は福岡、佐賀両県について「大雪に関する気象情報」を出し、積雪や路面凍結などに注意を呼び掛けた。

 福岡管区気象台によると、21日は上空1500メートルに氷点下9度以下の強い寒気が流れ込み、多くの観測地点で日中も気温が下がり続けた。雪が舞った福岡市では午後1時ごろに2・7度、佐賀県伊万里市は同5時40分ごろに0・7度に冷え込んだ。

 22日は九州各地の内陸部などで氷点下となり、福岡、佐賀両県を中心に日中も雪が降る所があるという。両県の予想降雪量は、山地の多い所で10センチ、平地の多い所で5センチ。

=2014/01/22付 西日本新聞朝刊=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ