イラン、国連で米に制裁解除要求

共同通信

 【テヘラン共同】イランのロウハニ大統領は22日、国連総会一般討論のビデオ演説で「歴史上最も過酷な制裁」を受けていると訴え、トランプ米政権に制裁解除を要求した。「米国はイランに交渉を強要できないし、戦争を仕掛けることもできない」と反発し「(米国の)いじめにノーを言う時だ。覇権の時代は終わった」と訴えた。

 米政権は制裁で最大限の圧力をかけてイランを交渉に引きずり出す戦略だが、ロウハニ師は制裁に屈する形で対話を始める考えはないと改めて表明。「イランは米国の選挙や国内政治の取引材料ではない」とも述べ、大統領選の宣伝に対イラン政策を利用すべきではないとけん制した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ