冷やし焼き芋 imop 新発売

PR TIMES 株式会社くしまアオイファーム

~いまなら、オリジナル絵本セットも数量限定販売~
株式会社くしまアオイファーム(本社 宮崎県串間市 代表取締役会長 池田誠)は、冷やし焼き芋「imop」を、9月23日に新発売します。

~いつでも焼き芋を食べてもらえるように冷やし焼き芋にしました~
焼き芋はいま、第4次ブームと言われています。そんな焼き芋を、年間通しておやつだけではなく、主食として食べてもらいたい。そんな思いから、葵はるかを冷やし焼き芋にし、女性をはじめとする幅広い人に、朝食として提供したいと考えました。毎朝、一週間、続けられやすいように7本セットを、自社サイトOIMALL(https://a-oimall.com/)にて発売します。
*葵はるか:葵はるかは、宮崎の土壌、減農薬で栽培し熟成させた、くしまアオイファームが独自にブランド化したさつまいも、紅はるかです

●冷やし焼き芋 「imop」3つの特徴
1:焼き芋は、冷やすことで、でんぷん質が凝固する。
第3の食物繊維と呼ばれるでんぷん類「レジスタントスターチ」を、摂ることができます。
2:冷凍した冷やし焼き芋を、ゆっくり冷蔵庫解凍することで、皮もおいしい。
皮まで食べることで、さつまいも皮周辺に多く含まれる栄養成分ヤラピンも摂ることができます。
3:冷やすことで、焼き芋のしっとり感が増し、忙しい朝でも食べやすい。
ご飯などの主食の代替として、1日に必要な食物繊維の約3分の1近くを摂ることが可能。
*100gで3-4gの食物繊維が摂取可能

●脱イモっぽさ!おしゃれなパッケージデザイン

「イモっぽい」という言葉があるように、サツマイモには、おしゃれなイメージがありません。私たちは、サツマイモを、オシャレなスイーツ、食べ物として定着させていきたいと願っています。そのため、imopの持つおいしさと栄養をデザインに込めて、imopのパッケージデザイン、梱包ダンボールまでオリジナルでデザインしました。思わず「イモっぽくない!」とつぶやくこと請け合いです。


●サツマイモを食べながら読む絵本をつくりました。絵本セットも限定販売!
焼き芋といえば、おならのイメージがあります。残念ながら、おならは日本人にとって好ましいものと言えません。ひとたびおならをしてしまえば、こどもでもおとなでも、辱めをうけてしまう恐れのあるものとして、人々から避けられている存在です。しかし、おならを我慢することは、身体にとってよくなく、美容にもよくないことが分かってきています。私たちは、サツマイモ提供者として、おならとは切っても切れない存在であり、おならに親しみやすさを感じていただくことに責任があると考えています。そこで、おならって、たのしくて、かわいくて、おもしろい。 そんなことが伝えたくて、くしまアオイファームは、 サツマイモを食べながら読む絵本をつくりました。また、100冊限定で冷やし焼き芋「imop」と絵本セットを販売します。(イモップウェブサイト:https://aoifarm-gr.com/imop/ )

イラスト・キャラクターデザイン/中濱佑季

●販売先及び価格商品仕様
販売は、自社サイトOIMALLにて行います。
OIMALL:(https://a-oimall.com/)

【商品仕様】

<本件についての問い合わせ>
株式会社くしまアオイファーム  TEL : 0987-71-2117(代表)

■株式会社くしまアオイファームについて
株式会社くしまアオイファームは、「強い農業はこえていく。」という理念のもと、東南アジア諸国へのサツマイモの生産と輸出を手掛け、地方の農業を盛り上げることに挑戦し続けています。徹底したお客様主義で、サツマイモの輸出量は民間企業としてはナンバーワンを誇っています。
所在地  :宮崎県串間市奈留6564-12
法人設立 :2013年12月16日 (創業1950年)
資本金  :6500万円
従業員数 :約90名
代表者 :代表取締役会長 池田誠
事業内容 :さつまいもの生産・加工・販売
会社HP :https://aoifarm-gr.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ