米、各州に中国スパイ警戒を要請

共同通信

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は23日、中西部ウィスコンシン州の州議会で演説し、各州政府など地方公共団体に対し、中国の外交官らによるスパイ行為や影響力拡大に向けた活動を警戒するよう求めた。「中国の外交官が近づいてきたら、それは協力や友好の精神からではないだろう」と不信感をあらわにした。

 トランプ政権としても中国系団体の管理強化を続ける考えを表明した。ウィスコンシン州は11月の米大統領選の重要激戦州。政権の対中政策の正当性をアピールし、トランプ大統領の再選を後押しする狙いもあるとみられる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ