整備新幹線予算、増額を要求へ

共同通信

 国土交通省は24日、2021年度予算の概算要求で、整備新幹線の北海道(新函館北斗―札幌)、北陸(金沢―敦賀)、九州・長崎ルート(武雄温泉―長崎)の建設費として、20年度当初の804億円から増額を求める方針を固めた。北陸と九州の建設費増に対応する。増額要求は3年連続。

 具体的な金額を明示しない「事項要求」とし、最終的な額は年末までに政府、与党で詰める。

 国交省の試算では、人件費の高騰や耐震強化工事などのため、北陸、九州の建設費は19~22年度の4年間で当初計画から計3451億円増える見込み。北海道は工事が本格化していないため影響が見通せていない。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ