北海道沖地震を想定の防潮堤完成

共同通信

 東京電力は25日、北海道東部沖のプレート境界「千島海溝」沿いで想定される超巨大地震の津波に備え、福島第1原発で昨年9月から建設してきた高さ11メートル、全長約600メートルの防潮堤が完成したと発表した。政府の地震調査委員会が2017年に公表した長期評価を踏まえた対応で、想定する津波の最高水位は海抜10・3メートル。

 しかし今年4月に内閣府有識者会議が出した日本海溝沿いの地震に伴う津波想定では、今回完成した防潮堤でも防げない恐れがある。そのため東電は、この防潮堤を海抜13~15メートルにする工事を行い、23年度までに完成させる計画だ。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ