ディズニーランド、新エリア開業

共同通信

 千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)で28日、映画「美女と野獣」や「ベイマックス」をテーマにした新エリアがオープンした。当初は4月の開業を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。感染防止対策のため当面は利用人数を制限し、抽選や予約制とする。

 新エリアのシンボルとなっている高さ約30メートルの「美女と野獣の城」の中では、魔法のカップの形をした乗り物で映画の名場面を巡ることができる。ベイマックスのアトラクションは、世界にあるディズニーテーマパークで初となる。

 入園が始まると、大勢の人が新エリアに駆け付け、写真撮影の列をつくっていた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ