株式会社gazがUI/UXデザインを担当した「福岡市LINE公式アカウント」が2020年度グッドデザイン賞を受賞

PR TIMES 株式会社gaz

市民の自発的なまちづくり参加を育むコミュニケーションをデザインした点が高評価。「福岡市で暮らす人が、誰でも、必要なときに、必要なサービスにスムーズにアクセスできる『入り口』になる」をデザインで可視化。
株式会社gaz (本社:福岡市中央区、代表取締役:吉岡泰之、以下 gaz)が、LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴、以下LINE Fukuoka)共働のもとUI/UXデザインを手掛けた「福岡市LINE公式アカウント」が、2020年度グッドデザイン賞を受賞いたしましたので、お知らせいたします。 福岡市LINE公式アカウントを通して、市民の自発的なまちづくりへの参加を育むコミュニケーションをデザインした点が高い評価をいただきました。



■福岡市LINE公式アカウント(LINE ID:@fukuokacity)とは
福岡市LINE公式アカウントは、LINE と福岡市の間で締結した「情報発信強化に関する連携協定」に基づいて、2017年4月25日開設。あらかじめ受け取りたい情報種別や居住エリアなどを設定しておくことで、自分に必要な情報だけを選んで受け取ることができる福岡市の公式アカウントとしてスタートしました。現在はさらにチャットボットや位置情報の送信機能を採用。平常時から災害に備えた「防災情報」、災害時には避難情報を大切な人と共有できる「避難行動支援」、道路や公園の損傷を見つけた人が市に知らせる「道路公園等通報」、“乾電池” “陶器”
などフリーワードでごみの種類を打ち込むとボットが分別方法を教えてくれる「ごみ分別案内」、児童手当の受け取り方や近くの「赤ちゃんの駅(授乳室等)」がすぐに検索できる「子育て案内機能」、給食のアレルギー情報を通知する「あんしん給食 管理」など、生活に密着したサービスを提供しています。
市民が LINE で簡単な操作をするだけで、そのとき知りたい情報にスムーズにアクセスし、便利で豊かな生活づくり、まちづくりに自ら参加することができる「市民参加型アカウント」で、現在の登録者は約170万人となっています。

■グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
私たちの暮らしは多種多様な状況から成り、疑問や必要な情報、困りごとも様々ある。この福岡市LINE公式アカウントでは市民一人ひとりが必要としている情報をわかりやすく発信できることが目指されており、緊急度や重要度の高い情報はもちろんのこと、自治体情報をきめ細やかに提供しようとする配慮にも満ちたものとなっている。市民の支持を得ており、人々と行政とのコミュニケーションツールとしての機能を果たしている。公共の場の不具合を募るしくみも活用されており、災害に対する意識の喚起にもつながっているなど、市民が自発的にまちづくりに関わろうとする状況が育まれている点も評価する。
-「福岡市LINE公式アカウント リニューアルプロジェクト」-
今回、2020年度グッドデザイン賞を受賞した福岡市LINE公式アカウントのUI/UXデザインは「福岡市LINE公式アカウント リニューアルプロジェクト」の一環によるもので、ユーザー導線や画面上の見え方といったUI/UXデザインの大幅リニューアルし、プロジェクトがスタートした2019年12月27日から2020年4月1日の本格導入の末、福岡市による運用が開始しています。(2020年3月31日リリース: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000045713.html)
gazとLINE Fukuokaの2社共働のもと「福岡市で暮らす人が、誰でも、必要なときに、必要なサービスにスムーズにアクセスできる『入り口』になる」をコンセプトにUIデザインを実施し、リニューアル後は更に見やすく、必要な情報にアクセスしやすいデザインを実現しました。

-gazの担当した「デザイン」-
UI/UXはもちろんの事、作業を進める上で連携のかたちについてもデザインだと捉えた提案により、スムーズな工程管理と将来に続くリデザインを行いました。
gazとLINE Fukuokaの各役割を図式化し密に連携、また福岡市との連絡体制も整理することで、課題が発生した際に誰と誰の間で話し合いをすべきか等、決断に迷わない体制を整えました。
UI/UXではユーザーへのインタビューやデザイン実務を担当。まず10代から70代のユーザーから使用感についてのヒアリングを行い、行動観察から改善の直感的に操作できる分類や表示を可能にさせ、またカラーユニバーサルデザイン、福岡市のアクセシビリティ対応基準を参考に文字やアイコンの色を決定、ボタンや吹き出しのサイズバランスを調整した事により「どなたにとっても見やすいデザイン」を実現しています。

-実際のユーザーの声-
福岡市LINE公式アカウントのデザインについてTwitterでの様々な評価をご紹介します。

「すごく直感的に分かりやすいようにリデザインされている!」
「福岡市LINEにめちゃくちゃ助けられております」
「福岡市のLINE公式アカウントはイケてる」

グッドデザイン賞2020ウェブサイト
「福岡市LINE公式アカウント」の紹介ページはこちらからご覧ください。
https://www.g-mark.org/award/describe/51223

グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN SHOW 2020」に展示
特設サイトで開催される、最新のグッドデザイン全体が集まる受賞イベント「GOOD DESIGN SHOW 2020」において、福岡市LINE公式アカウントが紹介されます。

GOOD DESIGN SHOW 2020-
会期:10月1日(木)~11月30日(月)
会場:特設ウェブサイト(http://promo.g-mark.org/

グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。 http://www.g-mark.org/

gazは今後も「想いをデザインで可視化する」をミッションにビジネスの課題解決をサポート致します。

gaz(ギャズ)とは
株式会社gazは「想いをデザインで可視化する」をミッションにUI/UXの改善や新規サービス、サイトの立ち上げを行う福岡のデザインファームです。
平均年齢24歳と若いメンバーを中心にチームが構成されており、今後さらなる事業拡大を行って参ります。
Webサイトのリニューアル、モバイルアプリのUI/UX等のデザインが得意とし、昨年6月の創業から50社を超えるお客様の課題解決を行ってまいりました。主に弊社サービスのbeaverinやSTUDIO事業での、九州を始めとした全国の企業よりデザインのご相談を頂いております。
デザイン面の強化やサービスの改善をしたいという企業様は是非、ご相談ください。

-STUDIO事業について-
株式会社gazは2020年1月14日より、日本初のSTUDIO公認WEB制作会社になりました。ノンコードデザイン・サービス『STUDIO』を用いて制作をすることで、低価格かつ高品質・スピーディーなWEB制作をあらゆる業種のお客様に提供しております。 gazSTUDIO公式サイト → https://studio-gaz.design

-beaverin(ビーバリン)について-
九州限定のサービスで、「デザインを外注しているが、なかなか思うように進まない」というお悩みや「社内にデザイナーがいない」という企業に向けた、CIデザイン・UIデザイン・アニメーション作成等の幅広いクリエイティブ制作を月額制で提供しています。 beaverin公式サイト → https://beaverin.com/

【LINE Fukuoka株式会社 概要】
商号 :LINE Fukuoka株式会社
代表者 :代表取締役社長 落合 紀貴
所在地 :福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F
設立 :2013年11月18日
事業内容 :LINEおよび関連サービスの開発・クリエイティブ・運営・事業企画などあらゆる業務
URL : https://linefukuoka.co.jp/ja/

【株式会社gaz 概要】
商号   : 株式会社gaz
代表者  : 代表取締役 吉岡 泰之
所在地  : 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-6-11 Fukuoka Growth Next 208
設立   : 2019年6月
事業内容 : WEBサービス、モバイルアプリのUI/UXデザインURL : https://gaz.design
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ