学術会議、政府要望書3日に決定

共同通信

 日本学術会議(会長・梶田隆章東京大教授)が推薦した憲法学者ら6人を会員に任命することを菅義偉首相が拒んだ問題で、梶田会長は2日夕、拒否した理由の説明と6人の任命を政府に求める要望書は3日に正式決定したいと表明した。当初は2日中に決める方向だったが、要望書の表現や宛先について、引き続き検討が必要と判断したとみられる。

 また、菅首相は同日、官邸で「法に基づいて適切に対応した結果だ」と述べた。

 推薦候補は105人で、山極寿一・前会長らが8月31日付で当時の安倍晋三首相に提出。内閣府が9月28日に「99人が発令される」と連絡。山極氏が理由の説明を要請していた。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ