九州新幹線、佐賀県の負担減検討

共同通信

 九州新幹線長崎ルートの佐賀県区間(新鳥栖―武雄温泉)を巡り、与党プロジェクトチーム(PT)の細田博之座長は5日、佐賀県の財政負担を減らす方策を検討すると表明した。自民党佐賀県連幹部らと東京都内で会談した。山口祥義知事がコストのかかるフル規格化に反対し、着工の見通しが立たない現状を打開する狙い。

 細田氏は会談で「必ず案をつくって対応する。これで終わりでは新幹線の構想自体が壊れてしまう」と強調。政府と連携し、佐賀県側が納得できる解決策を示したいとの意向を示した。

 早期着工を求める佐賀県連側は、フル規格による整備を想定し、財源などの本格的な検討が必要と訴えた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ