ヤマト殺傷「解雇され腹立った」

共同通信

 神戸市北区のヤマト運輸の集配所「神戸北鈴蘭台センター」で従業員の男女2人が死傷した事件で、公務執行妨害容疑で逮捕されたヤマト運輸元従業員筧真一容疑者(46)=神戸市北区=が、警察官に身柄を確保された際「解雇されて腹が立った」と話したことが6日、捜査関係者への取材で分かった。包丁で女性の脇腹を刺したことも判明した。

 兵庫県警によると、死亡したのは同社の従業員広野真由美さん(47)=神戸市北区=で、筧容疑者の元同僚。筧容疑者は事件前日の5日にも従業員1人とトラブルになり、筧容疑者の振り払った手が仲裁に入った広野さんに当たり、広野さんは神戸北署に相談した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ