製造業のデジタル活用支援

共同通信

 富士通や工作機械大手ファナック、NTTコミュニケーションズは7日、製造業者のデジタル技術活用を支援する新会社「DUCNET(ディーユーシーネット)」(東京)を11月に設立すると発表した。設備の稼働状況や、生産時の作業データなどを安全性の高いクラウドで管理し、業務効率化につなげる。

 さまざまな企業から集まったデータを人工知能(AI)で分析し、各社に共通する課題の解決案を提示する。利用企業同士をつなぎ、取引を支援する機能もある。まずファナックがサービスを活用して先行事例をつくる。富士通が全般的なシステムを、NTTコムがネットワークをそれぞれ提供する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ