トランプ米大統領、執務室入り

共同通信

 【ワシントン共同】新型コロナウイルスに感染し一時入院したトランプ米大統領は7日、ホワイトハウスの大統領執務室に入り、勤務に当たった。政権によると、5日に退院してホワイトハウスに戻った後、執務室に入ったのは初めて。執務室前の庭で撮影した動画で「感染は神のおぼしめしだった」と強調。投与された臨床試験中の抗体医薬品の効果を誇示し、早期承認後「無償提供したい」と述べた。

 11月の大統領選まで1カ月を切り、劣勢挽回へ自身の「正常化」と、新型コロナの新薬開発推進のアピールに躍起になった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ