上半期倒産、過去30年で最少

共同通信

 東京商工リサーチは8日、2020年度上半期(4~9月)の全国の企業倒産件数(負債額は1千万円以上)が前年同期比9・4%減の3858件だったと発表した。上半期としては過去30年間で最少。新型コロナウイルスで打撃を受けた経営破綻が483件あった一方、政府の実質無利子・無担保融資といった公的支援が企業の資金繰りを支えた。

 上半期の減少は2年ぶり。破産などの法的手続きを担う裁判所が一時、コロナ禍により業務を縮小し、5月の倒産件数が歴史的水準に落ち込んだことも影響した。負債総額は0・7%増の5991億円。

 業種別では建設業や小売業、製造業などが減少した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ