世界食糧計画にノーベル平和賞

共同通信

 【オスロ共同】ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、2020年のノーベル平和賞を、飢えのない世界を目指し食料支援を続ける国連機関、世界食糧計画(WFP、本部ローマ)に授与すると発表した。理由として「飢餓との闘い」や「飢えを戦争や紛争の武器として使うのを防止する努力」を挙げた。

 新型コロナウイルス流行で飢えに苦しむ人が急増する中、WFPの地道な活動を評価し、飢餓と貧困の連鎖がもたらす人道危機の深刻化に警鐘を鳴らす狙いがある。同賞委員会のレイスアンデルセン委員長は有効な新型コロナワクチンが開発されるまで、食料が世界の混乱を収める「最善のワクチンだ」と強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ