ツイッター投稿2件をヘイト認定

共同通信

 ヘイトスピーチの抑止を図る川崎市の差別禁止条例に基づく差別防止対策等審査会は9日、市が諮問したツイッターへの書き込み2件をヘイトに該当するとし、ツイッター社に削除要請を求める答申をまとめた。条例が7月に全面施行されて以降、初の手続き。

 会合は3回目で非公開。市によると、答申では2件が「不当な差別的言動」に当たると判断した。投稿内容の公表は二次被害を防止するため「十分配慮して行うことが適切」とした。16日に福田紀彦市長に答申書を提出する予定。

 会長の吉戒修一弁護士は「先進的な条例の最初の運用だったが、趣旨に沿った結論を出すことができた」と記者団に述べた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ