名古屋で連節バス試走

共同通信

 名古屋市は11日、リニア中央新幹線の開業に向けて導入を検討している新たな路面公共交通システム(SRT)の試験走行を市内で実施した。市の構想に近い連節バスと燃料電池バスが、名古屋駅から同市栄地区にある久屋大通公園の周辺を走行した。

 市によると、リニア開業で観光客の増加が見込まれる中、名古屋駅と栄地区、名古屋城をSRTで結ぶことで都心部の回遊性を向上させたい考え。

 この日は2台の車体をつなげた連節バス「清流ライナー」が走行。岐阜県内で既に運用されている車両で、通常の路線バスと比べて1・5倍の人数が乗車できる。全長約18メートルと通常のバスより長い。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ