関電、福井で初めてのコンプラ委

共同通信

 関西電力は12日、役員らの金品受領問題を受け設置した社外委員らからなる「コンプライアンス委員会」を福井県美浜町の原子力事業本部で開いた。委員長の中村直人弁護士は終了後、報道陣に「経営全体で同じ価値観や課題を共有することが重要だ」と述べた。

 関電によると、原発が立地する同県で委員会を開くのは初めてで、業務改善計画で掲げた「風通しの良い組織づくり」の一環としている。会合そのものは6回目で、森本孝社長はテレビ会議で参加した。

 委員会の冒頭、中村氏は「(社の)一体化を図ることが信頼回復への第一歩だ」とあいさつ。終了後には、福井開催を、今後も続ける意向を示した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ