盗撮疑いで巡査部長を書類送検

共同通信

 女性のスカート内を盗撮したとして、長崎県警が県迷惑行為防止条例違反の疑いで、30代の男性巡査部長を書類送検したことが13日、県警への取材で分かった。9月25日付。県警は減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にし、巡査部長は依願退職した。県警は公表基準に達していないとして、発表していなかった。

 書類送検容疑は7月31日、長崎市内の大型商業施設でスマートフォンを使い女性客のスカート内を盗撮した疑い。容疑を認め「他にも複数回やった」と話したという。

 県警によると、施設関係者の110番で発覚。監察課は「再発防止のため、職員の心情把握を徹底する」とコメントした。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ