明治安田生命、半年遅れで入社式

共同通信

 生保大手の明治安田生命保険は14日、新型コロナの影響で延期になっていた入社式を半年遅れて東京都内で開いた。前半と後半の2回に分けたほか、マスク着用などの感染対策を実施し、約330人の新入社員が初めて一堂に会した。

 今年4月に入社した総合職は政府による緊急事態宣言に伴い、一度も顔を合わせることなく、全国各地の営業所などに配属されていた。入社式の開催にあたり、2週間前から検温をするなど感染対策を徹底したという。

 入社式で根岸秋男社長は「お祝いの言葉を直接伝えたいという一心でした。厳しい状況は続きますが、ともに新しい時代を作っていきましょう」と祝辞を述べた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ