住宅全焼で2人死亡、京都・宇治

共同通信

 14日午後9時20分ごろ、京都府宇治市伊勢田町の小山達也さん(63)方の窓から炎が見えると、近隣住民が119番した。火は約8時間後に消し止められたが、木造2階建て延べ約150平方メートルを全焼、焼け跡から2人の遺体が見つかった。隣の住宅も延焼した。

 宇治署によると、遺体は連絡の取れない小山さんと妻(64)とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。小山さん夫婦は30代の息子と3人暮らし。息子は外出中で無事だった。

 現場は近鉄京都線伊勢田駅から約1キロ西の住宅街。

 近所の60代女性は「『ボン、ボン』と破裂音が聞こえ、火柱も見えた」と話した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ