首相、奈良の柿PRレディと面会

共同通信

 菅義偉首相は15日、「奈良の柿PRレディ」の鳥井千寿子さんと官邸で面会した。贈られた奈良県産の柿をその場で試食し「柿食えばふるさと思う奈良の町」と自作の句を披露した。首相が就任後、特産品や観光地の関係者の公式表敬を受けるのは初めて。

 PRレディの表敬では首相が俳句を詠むのが恒例になっており、同席した奈良県五條市の太田好紀市長が促した。首相が「安倍首相(の俳句)と比較してどうですか」と問い掛けると、太田市長は「最高です」と応じていた。

 柿の入った籠を持って記念撮影をする際に柿が落下。首相が「あまりにも新鮮で(落ちた)」とフォローする場面もあった。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ