異臭騒ぎで化学物質検出、神奈川

共同通信

 神奈川県は16日、同県横須賀市で14日に発生した異臭を分析した結果、ガソリンなどが蒸発したガスに含まれる化学物質が、大気から検出されたと発表した。濃度は通常の7~14倍だったが、直ちに健康に影響を及ぼすレベルではないという。発生源は特定できていない。

 県によると、検出されたのはイソペンタンやペンタン、ブタンで、横浜市が市内で採取して13日に発表した物質と一致した。県の担当者は「一定の共通性がある。自然由来を全く否定できるものではないが、人為的な施設から出てくるものではないか」との見方を示した。県の分析ではベンゼンも検出されたが、基準値以下だった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ