電動キックボードシェアリングサービス「mobby」が政府の認定を受け、公道での実証実験を開始します

PR TIMES 株式会社mobby ride

新事業特例制度の認定を受け、国内初の公道実証実験へ
株式会社mobby ride(本社:福岡市、代表:日向諒、以下「mobby ride」)は2020年10月16日(金)に、産業競争力強化法に基づく「新事業特例制度」を用いた電動キックボードの実証実験実施について認定されたことをお知らせします。合わせて、福岡県福岡市、兵庫県神戸市、広島県尾道市、愛媛県今治市(いずれも一部のエリア)で公道での実証実験を開始することをお知らせします。
【背景と狙いについて】
電動キックボードは現在の日本の法律上、原動機付自転車に該当し、公道での利用には様々な条件があるため、安全かつ手軽に利用することが難しい状況です。
mobby rideは電動キックボードを中心とする電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを日本で展開することを目指し、これらの制度改正に向けて、事業推進をしてまいりました。

政府より規制のサンドボックス(新技術等実証)制度*の認定を受け、2019年10月から九州大学伊都キャンパス内で約半年間にわたり実証実験を行なってまいりましたが、次のステップとして、新事業特例制度**を用いた公道での実証実験を開始いたします。

本実証の結果を踏まえ、政府の成長戦略フォローアップにもある通り、運転者の要件や安全確保措置、車両の区分等の交通ルールの在り方について、国家戦略特別区域法に基づく特例措置における制度見直しの要否を2021年前半目途に検討をしていきたいと考えております。
また、本実証は、政府認定のもと、公道での実証実験は日本初の試みとなります。
本社を置く福岡市を始め、神戸市、尾道市、今治市の協力のもと、様々な交通環境の中で安全に配慮をしながら、原動付自転車の法令を遵守し、走行場所の拡大による安全性・利便性の検証を行なってまいります。

* 規制のサンドボックス制度とは、新たなビジネスモデルの実施が、現行規制との関係で困難である場合に、新しい技術やビジネスモデルの社会実装に向け、事業者の申請に基づき、規制官庁の認定を受けた実証を行い、実証により得られた情報やデータを用いて規制の見直しに繋げていく制度です。

** 産業競争力強化法に基づく「新事業特例制度」は、新事業活動を行おうとする事業者が、その支障となる規制の特例措置を提案し、安全性等の確保を条件として、具体的な事業計画に即して、規制の特例措置の適用を認める制度です。

【今回の特例措置について】
電動キックボードは法令上原動機付自転車に該当しますが、今回の実証実験において、特定エリア内における普通自転車専用通行帯の走行が可能になります。

(注意)これらの特例措置は、認定を受けた新事業活動計画のもと実施される実証にのみ適用されます。認定を受けていない事業者や個人の電動キックボードの走行に関して、上記の特例措置は適用されません。

【本実証の協力パートナーについて】
多くの自治体様・企業様のご協力を得て、本実証を推進してまいります。


【自治体一覧】
広島県尾道市・愛媛県今治市
兵庫県神戸市
福岡県福岡市

【企業一覧】
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
安全運転推進協会
株式会社QTnet
せとうちブランディングコーポレーション
大和リース株式会社
トヨタ自動車九州株式会社
西日本鉄道株式会社
西日本旅客鉄道株式会社
neuet株式会社
丸紅株式会社
南福岡自動車学校
LINE Fukuoka株式会社
(五十音順)

■mobby rideの概要
株式会社 mobby ride
代表者:代表取締役 日向 諒
本社所在地:福岡市中央区大名二丁目 6 番 11 号 Fukuoka Growth Next
事業内容:シェアリングモビリティ事業
WEBサイト: https://mobbyride.jp/

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社mobby ride
担当:安宅(あたけ)
Tel: 092-717-3384
e-mail: pr@mobbyride.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ