東京円、105円台前半

共同通信

 週明け19日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=105円台前半で取引された。

 午前10時現在は前週末比08銭円安ドル高の1ドル=105円38~39銭。ユーロは17銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円53~57銭。

 9月の米小売売上高が市場予想より好調だったことや、新型コロナウイルスのワクチンの開発が進むとの期待から、低リスク通貨とされる円は売りがやや優勢だった。

 一方で、米国が追加経済対策を11月の大統領選までに実施するのは難しいとの見方が示されており、市場では「一方的に円安が進む展開は想定しづらい」(外為ブローカー)との声があった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ