政府、沖縄エビ疾病で技術的支援

共同通信

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、沖縄県大宜味村のバナメイエビ養殖場で甲殻類の伝染病である急性肝膵臓壊死症(AHPND)の発生が確認されたことを受け、まん延防止に向けて「農林水産省で沖縄県に対して必要な技術的支援を実施している。防疫措置を徹底するよう連携して取り組んでいく」と述べた。

 県は、残ったエビ約2千匹の処分や水槽の消毒とともに、エビの移動禁止などの措置を講じている。加藤氏は、農水省が他の都道府県に対して注意喚起の文書を出すなどして対応するとの見通しを示した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ