5Gの新型アイフォーン5万円も

共同通信

 5G対応の米アップル新型iPhone(アイフォーン)が23日、日本でも発売される。NTTドコモなど携帯大手3社は、一定の条件を満たして割引を適用した場合の実質的な端末代金の負担を5万~6万円台に設定した。

 新型は4機種。23日発売は「12」と高級モデル「12プロ」。12の64ギガバイトモデルの場合、販売価格はドコモが10万1376円だが、新規契約または4Gからの契約変更で、分割払いの購入で2年後に端末を返却するなどの条件なら実質負担額は6万7584円になる。

 KDDIは10万3430円が5万5430円、ソフトバンクは11万880円が5万5440円になる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ