米、中国含む枠組みへ時間稼ぎ

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米政権は20日、来年2月に期限が切れる米ロの新戦略兵器削減条約(新START)の延長に前向きな意向を表明した。中国を含めた枠組み構築へ時間を稼ぐと同時に、新たな兵器を条約の対象に含められれば11月の米大統領選へのアピール材料になるとの打算も透ける。米専門家からは拙速な合意を不安視する声も上がる。

 トランプ政権はこれまで、延長を求めるロシア側に対し、軍事力を高める中国を含めた新たな枠組みが必要だとし、難色を示してきた。新STARTを1年間延長し、中国との交渉期間を確保する狙いとみられる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ