米の新興動画配信サービス停止へ

共同通信

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は21日、米クイビー・ホールディングスが4月に開始した定額動画配信サービスを停止すると報じた。スマートフォン向けの動画は1本当たり5~10分で、通勤中といった隙間時間の利用を想定していたが、人気が低迷していた。

 創業者のカッツェンバーグ会長は元米ウォルト・ディズニー幹部で、アニメスタジオ「ドリームワークス・アニメーションSKG」の共同創業者。ハリウッド界の大物が動画配信を手掛けたことで注目されていた。

 クイビーは、ドラマやニュース、ドキュメンタリーをそろえ、独自作品に力を入れていた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ