自民が石崎徹議員の離党届受理

共同通信

 暴行罪で略式起訴された自民党の石崎徹衆院議員(36)=比例北陸信越、当選3回=は22日午前、党本部を訪ね離党届を提出した。議員辞職は否定した。党紀委員会は同日午後、離党届の受理を了承。党紀委の報告を受け、自民党は離党届を正式に受理した。

 党本部で記者団の取材に応じた石崎氏は離党届について「ご迷惑を掛けたので、けじめとして提出した。悩みもあったが、お世話になった議員や支援者の声を頂戴して決断した」と語った。同時に「職責を全うしたい」として辞職は否定した。

 石崎氏の処遇を協議する党紀委が予定されていたため、開催に先立ち離党を決断したとみられる。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ