総務相、地域おこしを全面支援

共同通信

 武田良太総務相は22日、地方創生に向けた現地視察の一環で北海道栗山町を訪れ、地域おこし協力隊員や町への移住者らと意見交換した。新型コロナウイルス感染拡大による地域経済への影響が懸念されるとして「英知を結集して地域おこしに努めてほしい。その運動に全面的なバックアップをしていきたい」と強調した。

 武田氏は栗山町が空き店舗を活用して運営する手芸品店や、協力隊OBが開店したカフェなどを視察。意見交換では、町への移住に至った経緯や移住の課題を聞いた。

 同町では協力隊として活動したOB19人のうち13人がそのまま定住したという。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ