夜間外出禁止、人口の70%に

共同通信

 【パリ共同】フランスのカステックス首相は22日、記者会見し、新型コロナウイルスの感染再拡大の深刻化を受け、パリなど計9都市圏に17日から導入した夜間外出禁止令の対象を24日から拡大し、県を単位として計54県に適用すると発表した。約4600万人が対象となるといい、全人口の約70%に当たる。

 保健当局は22日、国内の感染確認者は前日から4万1622人増加したと発表し、1日当たりの過去最多を更新。ベラン保健相は記者会見で「春ほど感染拡大の速度は早くない」と指摘したが、カステックス氏は「状況は深刻だ。11月は過酷となるだろう」と警戒への協力を呼び掛けた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ