ロシア、最新兵器数申告の用意

共同通信

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は22日、ロシアが開発した極超音速兵器など最新兵器の数量を米国に対し明らかにする用意を表明し、来年2月に期限が切れる米ロの新戦略兵器削減条約(新START)の1年延長を改めて呼び掛けた。内外有識者とのオンライン会合で明らかにした。

 ロシアは米国が警戒を強める最新兵器のうち、極超音速弾頭「アバンガルド」と重量級大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」を新STARTの監視下に置く用意を表明している。

 プーチン氏は最新兵器の「核弾頭数と運搬手段数を条約監視下に置くことに反対しない」と述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ