EU交渉官、英をけん制

共同通信

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官は22日、ロンドンで記者団に、英国との自由貿易協定(FTA)締結交渉を巡り、英EUには「共通の責任がある」と主張、一方的にEUに妥協を求める英側をけん制した。英EUによると、22~25日の予定で集中協議を実施。年内の発効を目指し、今後もビデオ会議システムを活用して週末も含めて協議を重ね、打開策を探る。

 交渉では複数の対立点が残り、ロイター通信によると、EUは11月中旬まで協議が続くことも視野に入れている。

 ジョンソン英首相の報道官は協議に先立ち「残された時間は少ない」と訴えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ