仙台港にニタリクジラが漂着

共同通信

 仙台市宮城野区の仙台港に、ニタリクジラの死骸が漂着していたことが24日分かった。現場に立ち会った宮城県石巻市のクジラ博物館「おしかホエールランド」学芸員によると、全長約13メートルの大人の雌という。当初は世界最大の動物として知られ、希少なシロナガスクジラの子どもではないかと話題になった。

 22日午前9時すぎ、太平洋フェリー仙台港営業所の職員が、フェリーの船首に引っ掛かっているのを発見し、宮城県仙台塩釜港湾事務所に連絡した。

 死骸は24日午前、大型クレーンで引き揚げられ、石巻市鮎川地区の捕鯨会社に運ぶためトラックに載せられた。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ