自民、学術会議の独立含め検討

共同通信

 与野党幹部は25日のNHK番組で、日本学術会議の任命拒否問題を巡り論戦を交わした。自民党の柴山昌彦幹事長代理は「学問の自由を最大限に尊重するなら、政府からの完全な独立も含めて検討すべきだ」と述べた。立憲民主党の福山哲郎幹事長は「任命拒否は違法」として判断撤回を要求。26日召集の臨時国会で追及する姿勢を示した。

 任命拒否について、柴山氏は「政府が、特別公務員である会員の選定に一切関われないのは妥当でない」と言及した。公明党の石井啓一幹事長は、菅義偉首相が任命判断として挙げる「総合的、俯瞰的な活動の確保」に関し「国民は理解しにくい」と説明を求めた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ